青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(9)

麻衣:「(お風呂)ずいぶんゆっくりだったわね。私のことでも考えてた?」

咲太の裸を見ても、麻衣さんなので動じません。

咲太:「麻衣さんのことは、常に考えています。」

咲太:「本当は潜水艦ごっこに夢中になってただけです。」

赤くなって下を向く麻衣ちゃんに向かって。

咲太:「あれえ?どんな遊びか知ってますう?」

相変わらず、策士の咲太です。麻衣さんは、年下の男の子の言う事をいちいち気にしないことになっているので、スルーです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。