ソードアートオンラインⅡ(4)

早速、道に迷ってしまったキリト。

たまたま通りかかったので声をかけたのが、シノンだった。

キ:「(しまった。ナンパだと思われた!?)」

シ:「あなた、このゲーム初めて?」

キ:「(やばい。確実に女の子だと思われた。)」

しかし、背に腹は変えられないキリト君。女のふりをすることにしました。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。